オリジナル缶バッジ製作はエントワーズまで★ 国内自社制作で缶バッジを低価格製作!安定した納期とオリジナル缶バッジそのものの品質に絶対の自信!

0120-418-090

(受付時間/月~土曜日9:00~18:00)

0120-418-090

(受付時間/月~土曜日9:00~18:00)

Photoshopでの作成方法

-缶バッジ用データご入稿時に必要なファイル-

Photoshop icon

[デザイン名].psd(デザインデータ)
1つのデザインにつき、1つのデータが必要となります。
デザイン名は半角英数字のみを使用してください。
デザインが複数の場合必ず別ファイルに分けて頂き、全ファイルをフォルダにまとめて圧縮し1つのzipファイルをご入稿下さい。

-作成の手順-

1.缶バッジ用テンプレートの入手と準備

エントワーズ専用テンプレート(psd_template.zip)を
ダウンロードして解凍します。
解凍後、ご希望のサイズのテンプレートを開きます。

テンプレートをダウンロード
Photoshop用をお選びください

2.缶バッジ用デザインデータの編集

内側の線内が缶バッジの表面部分となります。
全体的にデザインがある場合は点線の外側、
まきしろ部分にもデザインを入れて下さい。
下記の「データ作成上の注意」も参考にしてください。

3.缶バッジ用デザインデータの保存

デザインが完成したら「別名で保存」でPhotoshop形式を
選択してデザイン名(半角英数字)をつければ
デザインデータの完成です。

デザイン作成上の注意

  • テキストは必ず「ラスタライズ」して下さい。

  • まきしろ部分を意識してデザインを行ってください。

  • デザインデータは「.psd」で保存して下さい。

  • クリッピングパスは使用しないでください。

  • 塗りのCMYK合計値は300以下を推奨します。

  • 解像度は350ppi以上を推奨します。

  • サイズ通りのテンプレートを使用して下さい。
    非公式のテンプレートは使用できません。

  • ガイドレイヤーにデザインを配置しないでください。